正しい環境で寝ること

ご予約、お問い合わせはこちら

正しい環境で寝ること

正しい環境で寝ること

2021/07/28

普段どんなところで夜おやすみになってますか?

ベット、お布団とか枕をつかっている?つかっていないとか?

寝ている環境で姿勢か作られているのはご存じですか?

 

《日本人の平均睡眠時間は6時間15分》

 

6時間という長い時間、腰が沈むようなふかふかなベットやお布団で寝ていたり、硬すぎる場所で寝ていると身体はどうでしょうか?

悪い姿勢を身体は癖としてインプット!

柔らかい寝具は腰や肩に重量がかかり、硬いところは筋肉痛が常に緊張状態(><)

 

背中が痛い、腰が痛い、肩こり、疲れがとれていない他

いろいろな症状が起きてきます。

 

思い当たることはありませんか?

正しい環境で寝ると、背骨の間を通る神経の伝達がよくなります。

ホルモンバランスも整い代謝も上がります。

しっかりとあった枕で寝ることは首や肩こりの緩和にもなり、熟睡できるので疲れも取れる。

適度な硬さの寝具は腰や、背中にかかる重力を分散させてくれるので負担かかかりません。

 

肩こり、ストレートネック、腰痛、朝のだるさがあるならば寝具の見直しがもしかしたら必要かもしれません。

 

 

 

 

10分程休んで頂きました。

正しい場所で寝ると数分でも姿勢が良くなります。

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。